Notebook and Pen_edited.jpg
6_title.png

【日々是精進】屋根工事の訪問販売にご注意

リフォームディレクターの望月です。

かつて屋根工事の契約をしてしまったけれど怖い思いをしていると連絡があり、

お話を聞かせていただいたことが何例もあります。 「近くで工事をしている業者ですが、屋根がめくれたのが見えましたので…」 この第一声がほとんど。えっ!?と誰もが思うことでしょう。

屋根は見ることができない、のぼれない、知識がないというのが一般的なので、

ましてやご高齢の方でしたら、びっくりして点検をお願いしてしまうと思います。

ほかにも、以下のようなことで相談を受けたことがあります。

 

・危険をあおって無料点検すると急かしてくる

・仮契約だと言って書類を書かせようとする

・モニター価格といって割引すると言ってくる

 

こんな時は、次の言葉を使っていったん落ち着いてください。

「知り合いの屋根屋さんに見てもらいますね。」

また、訪問販売の場合、無料点検といって屋根にのぼらせると次のリスクが考えられます。

1.わざと屋根をめくらせたり瓦を割ったりずらしたりして写真を撮る

2.屋根の歩く場所を知らない素人が歩いて踏み割れを起こす


多々ある屋根工事訪問販売の相談については、お話を聞いたうえで契約してしまっている場合は、その場で契約会社を調べ情報を見ていただきます。大手企業名に類似した会社名であったり、何度も会社名を変更している会社は気を付けたほうがいいと私は思います。

最終的にお客様にご判断していただきますが、クーリングオフの手続きをお手伝いをすることもあります。 弊社の場合、社長が屋根職人でしたので屋根診断し状況をわかりやすくご説明します。 そして将来的な家の考え方をヒアリングし、ご予算にあわせたプランと施工方法をご提案、

十分ご納得いただきながら進めます。

先日ご相談されたお施主さまは、ご自身の目で屋根を見たいとご希望されましたので、 気を付けていただきながらのぼっていただき、屋根の上でご説明させていただきました。


ひどい雨漏りの場合は、応急処置をすることはありますが、危険をあおったり契約を急かしたりすることは一切ありません。

もしも屋根について注意喚起された時は、慌てずにご対応ください。

そして、お困りのことがあればお気軽にご一報くださいませ。