top of page
Notebook and Pen_edited.jpg
6_title.png

【突風にご注意!!】


エヌケン中澤です。

これは屋根の板金棟がめくれあがっている写真。

降っている部分なので降り棟(くだりむね)と呼んだりします。

7月に入り、問い合わせのご連絡を頂きました。

突風が吹き、明け方にこのような状態に・・・。

お隣の方から教えて頂いたそうで、ご連絡を頂きました。

私は別の現場から、すぐに直行。板金の棟を元に戻し、ビスで増し打ちにて

対処させて頂きました。

雨が降る中、この状況のままでは雨漏りしてしまうのではと、お施主様も

ご心配になられていましたが、ルーフィング(屋根の防水シート)がしっかりと

貼られていますので、簡単に雨漏りがしないようになっています。

それでも心配なものは心配。対応させて頂き一安心して頂きました。


このように思わぬ風によって、屋根がめくれてしまう事があります。

原因としては、下地に木(貫板ぬきいた)が打ち付けてあり、そこに板金の棟を

取り付けてありますが、木が傷んでくると釘がだんだん抜けていきます。

他にも原因となるものはいくつかありますが、ほとんどの場合これが原因です。

台風シーズン前に、是非チェックをしてみてはいかがでしょうか?

チェックだけでも弊社にお任せ下さい!



コメント


bottom of page