Notebook and Pen_edited.jpg
6_title.png

【鶴見区 築年数の古い賃貸アパート②】

リフォームディレクターの望月です。

【鶴見区 築年数の古い賃貸アパート①】の続きです。

古びた水回り、ご予算が決まっている中ですので、

まず浴槽かシャワーブース、どちらを設置するかの検討です。

当然安価なのはシャワーブースですが、シャワーにしたために借り手がつかないなんてことはあってはなりません。

今回のターゲットは女子大生ですので、学生や若年層向けも効率的なアプローチが得意な調査会社であるLINEリサーチの最新データを確認しました。




















すると20代ではシャワー派の方が多く6割以上という結果に。

他のリサーチ機関でも湯船に入らずシャワーだけで済ます20代女性が47.6%と他年代と比べ極めて高い割合でした。

この結果を受けてご説明し、シャワーブースに決定しました。

古びたタイルは解体すると躯体まで響くことと、費用がかさむことを考えパネルを貼る、 水回りでも出来るだけ北欧風に近づける、そして一体化した水回りを3つに区切りことに。


①洗面ブース

②シャワーブース

③トイレブース


①洗面ブースのビフォー



















🌼扉は取っ払い廊下繋がりに。

🌼コンパクトな洗面化粧台を設置。

🌼床は北欧風に。

🌼全体的に白基調で明るく。

🌼右側はトイレブース。

🌼左側はシャワーブース。

↓↓↓




















②風呂がシャワーブースへ ビフォー



















🌼浴槽は解体。

🌼シャワーブースを設置。

🌼デッドスペースは棚を設置。 ↓↓↓




















③トイレブースへ ビフォー



















🌼トイレは扉を取付け個室に。

🌼トイレ交換及びウォシュレットを設置

🌼壁はパネルに。

🌼段差解消。

↓↓↓



















お風呂・洗面・トイレがタイル地で繋がっていたところを3つの空間に分けることで

使いやすくしました。

一番の悩みどころだった水回りは、これで解決。古びたイメージから卒業です(^-^)

続きまして、住居空間であるお部屋です。


この居間については、押入れをなくしてお部屋を広々と見せたいというご希望でした。



次回は、この居間がどう変化しのか。。。

【鶴見区 築年数の古い賃貸アパート③】でお伝えします(*'▽')